ブログトップ

Flute Ensemble "Rosa" Blog

rosaflute.exblog.jp

儚さ、そして光。

西日本を襲った大雨から二週間…

岡山でも至る所で大きな被害となってしまいました。

西日本のあちこちで大変な惨状…

被害に遭われてしまった方々に、心よりお見舞い申しあげます。

そして犠牲になってしまった皆様のご冥福をお祈り致します。


馴染みのある土地の変貌に、戸惑いとショックと悲しみを抱え、心はなかなか重い状況です。

けれども、酷暑の中、復興のためにご尽力くださっている皆さま、ボランティアの皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

私達も出来る事を見つけていきたいと思っています。



既にアップしましたが、来月には3つのコンサートとレコーディングという一大イベントが控えています。


災害の被害で、コンサートどころではない方もきっとたくさん、いらっしゃると思います。私達自身も、気持ちがちょっと停滞している部分もあるのですが、

同時に、日々の幸せの重みも感じています。

生かされていることへの感謝、

自分の命を精一杯輝かせること、

それが生きるということなのだと…



私達にとって大切な曲をCDにしよう!

そんなチャレンジに向かって、今年は動いてきました。




きっかけは、日本のフルート界に革命を起こしていらっしゃるフルーティスト&作曲家の、多久 潤一朗さんに作っていただいた

「ローズ・ローザ」という素敵な曲!


2014年に共演してくださった際に書き下ろしてくださった当初は、単一楽章でした。


なんもなく儚さが漂う中に、力強い波を感じて心がキュンとなる美しさこの曲は、私達にとって一筋の光となり、多久さんとの御縁は、メンバー全員のエネルギーとなりました。


2015年、結成10周年を迎えるにあたり「ローズ・ローザ」を4楽章の組曲へとヴァージョンアップしていただきました!


時に切なく、時に優しく、時に壮大に、時に暴れてみたり(?)



私達の人生は、常に順風満帆という訳ではありません。

そんな中で、メロディーに涙し、包まれて、また進もう!という気持ちにさせてくれる音楽があります。


そしてまた、私達の演奏を聴くことで、希望の光を感じてくださる方もきっといる


そんな確信から、レコーディングに挑戦することにしました。


人生を一生懸命に生きてる人に、寄り添えるようなCDを作りたい。




そして願わくば、私達の音楽をもっと身近に体感してほしい。



ちょっと敷居が高いと思われがちなクラシックの世界も、お気軽に楽しんでいただけますように。


意外とエネルギッシュなフルートアンサンブルの迫力と、癒しの音色を、間近で感じていただけますように。




レコーディングを目前に、8月は3箇所でミニコンサートを企画しています。

皆様と、どこかでお会いできるのを楽しみにしています!




~爽やかサロンコンサート~


日時:83日(金)開場10:30 開演11:00


場所:岡山福音ルーテル教会 


料金:1,500 高校生以下500




~昼下がりのコンサート~


日時:85日(日)  開場13:00 開演13:30


会場:瀬戸内市中央公民館  (客席600席)


料金:無料




~夏の終わりのコンサート~


日時:826日(日)開場14:30 開演15:00


場所:中川楽器(neo スタジオ)


料金:1,500 高校生以下500


復興への願いを込めて、光を色濃くしていきたいと思います。




[PR]
by rosa_flute | 2018-07-20 23:11 | from Noriko
<< ドキドキのラストスパート 夏へ向けて💕サ... >>